ヘルニアは腰だけじゃない~早目の治療で症状解消~

woman

新しい治療方法

man

副作用が少ない方法です

がんになってしまうと、手術や抗がん剤または放射線を利用することが一般的です。手術は体の負担が大きく、抗がん剤であれば正常な細胞まで攻撃してしまうので副作用が強く出ます。放射線は負担は少ないですが、治るまでに何度も通院する必要が出てきます。様々なデメリットがあり、また費用もかかってしまいます。現在、新しい治療方法として注目されているのがNK細胞療法です。費用がかかる方法ということは変わりませんが、副作用がほとんどありません。体内にあるNK細胞を培養してから戻すことで、がん細胞だけを狙って治療する方法です。NK細胞療法はどこでも受けられるわけではありませんので、事前に確認しておくことを忘れてはいけません。

熱をだすことがある

NK細胞療法は、基本的には副作用がありませんが人によっては熱をだすことがあります。血液を採取して行われますが、すぐに始まるわけではありません。血をとってから、培養するために二週間程度必要になります。一度点滴を使って体内に入れるだけで終わりではなく、何度かに分けて行われることもあり得ます。NK細胞療法は、保険が適用されませんので事前に医師に費用を確認しておくことです。様々ながんに対応していますので、多くの人が利用しやすい治療方法といえます。入院する必要はなく、通院による治療で済むので日常生活を続けることができます。NK細胞療法をする人は、まだ少ないですが副作用がほぼなく高齢の方にも行える方法ですので広がっていく可能性が高いです。