ヘルニアは腰だけじゃない~早目の治療で症状解消~

woman

樹状細胞とがん治療の関係

man

がん細胞の情報を伝達する

私たちの体内には、いろいろな種類の免疫細胞が存在しています。免疫細胞は、血液の中でも見られるものと、主に組織の中だけで見られるものがあります。樹状細胞というのは、主に組織の中にあって、パトロールをしながらがん細胞を見つけています。言葉通り枝を伸ばしているような形をした細胞で、見つけ出したがん細胞を樹状細胞体内に取り込み、得られたがん細胞の情報を伝達する役割を持っています。樹状細胞からがん細胞の情報をもらったT細胞は、がん細胞を認識できるようになり、その他の免疫細胞であるナチュラルキラー細胞やマクロファージ、そしてB細胞と共にがん細胞を攻撃することができるようになるのです。こうすることで、効率良くがん細胞を撃退できるわけです。

がん治療に応用する

がん細胞は、健康な人の体内でも頻繁に生まれていることが分かっています。それをナチュラルキラー細胞等が見つけて撃退することで、発症を抑えているのです。しかし、がん細胞の発生が増加したり、何らかの原因で免疫機能が衰えると、がんを発症することになります。今までは、外科手術や抗がん剤を使ってがん治療を行ってきましたが、免疫細胞をがん治療に用いる方法が考案されたのです。そして、樹状細胞をがん治療に応用する方法を樹状細胞療法と呼んでいます。樹状細胞療法では、がん患者本人の樹状細胞を使いますから、拒絶反応がなく安全性が高いと言えます。また、樹状細胞療法は通院しながら実施できるために、入院によるストレスも軽減することができます。樹状細胞療法を実施している医療機関は限られていますが、インターネットで探すことができます。