ヘルニアは腰だけじゃない~早目の治療で症状解消~

 woman

検診で早期発見

smiling

乳がんは女性特有のがんで、定期的なセルフチェックとともに、乳がん検診を行うことで早期発見、早期治療が行えます。特に40歳以上になったら視触診だけではなく、超音波検査やマンモグラフィと組み合わせて定期的に検診を行うことがおすすめです。

詳細を確認する

樹状細胞とがん治療の関係

man

樹状細胞は、組織の中をパトロールして見つけ出したがん細胞を体内に取り込み、得られたがん細胞の情報をT細胞に伝達する役割を持っています。こうすることで効率良くがんを撃退できるのです。つまりこれはなくてはなりません。

詳細を確認する

新しい治療方法

man

従来の方法では、がんを治すまでに副作用などが起こり負担が大きいです。新しい治療方法として、NK細胞療法が注目されています。費用がかかる方法ですが、副作用がほとんどありません。人によっては熱をだすこともあり得ますが、それでも入院する必要がないので利用しやすいといえます。

詳細を確認する

腰や首の病気

smiling

病気の特徴とは

ヘルニアはよく耳にする病名ですが、腰に起こる病気だと勘違いしている人も多くいます。ヘルニアの特徴ですが、もともとある場所から何らかの原因によって器官が飛び出てしまう事を言います。例えば腰であれば、背骨と背骨の間にある椎間板が飛び出ている状態の事をいいます。椎間板は通常であればクッションのような役割を果たしており、体をスムーズに動かしたり身体を支えるなどの働きを持っています。しかし様々な原因によって椎間板が飛び出してしまうことがあり神経を圧迫し腰痛が起こるのです。これを腰椎椎間板ヘルニアと呼んでいます。ヘルニアになった場合、何科を受診すればいいのか悩んでしまいますが、基本的ヘルニアは外科といった医療機関で診察や治療を行っています。

こんな症状には注意が必要

ヘルニアは腰にだけ起こる症状だと思いがちですが、実は首や鼠径部などにも起こります。首に起こるヘルニアは頚椎椎間板ヘルニアと呼ばれており、中高年に多い症状です。頚椎には7個の椎骨があり、骨の間には椎間板があります。この椎間板が飛び出したり壊れることによってヘルニアになってしまうのです。肩や首のこりがひどい、首が動かしにくい、手がしびれるなどの症状がある場合には注意が必要です。症状によっては手だけではなく足にもしびれなどが現れ、歩くことが難しくなる事もあるのです。症状が悪化してしまう前に整形外科などの外科を受診し、早めに治療してもらう事が大切です。症状がひどくなればなるほど手術の可能性も高くなってしまうため、違和感を感じたら早めの治療が必要となります。